集団指導型の塾のメリット

目的が決まっている方向けの学習内容

塾には一人、または二人程度の生徒に対して講師が授業を行う個別指導型と、数人から数十人の生徒に講師が授業を行う集団指導型の塾がありますよね。どちらの塾が自分、あるいは子供に適しているかはそれぞれの塾のメリットやデメリットで決める方も多いのではないでしょうか。集団指導型のメリットにはあらかじめ授業内容が決まっていて、目指している進学先などに対応している塾を選ぶことができるというものがあります。受験などを控えている方に向いている学習方法で、大人数を相手に授業を進めることができるスキルを持つ、優秀な講師のもとで学べるというメリットも存在します。授業内容を見て、学習の流れについていけそうだと思える方には適していると言えるでしょう。

ライバルという友達を得る

また、学校では教室の広さから授業に集中できない方も、集団指導型なら生徒と講師との距離が程良いため集中力を発揮することもできます。そして何より、塾には校区内だけではなく色々な地域に住む生徒が通うという傾向がありますが、集団指導型のメリットには他地域の友達を作ることができるということも挙げられます。普段知り合う機会の無い他地域の子供同士では、お互いの学校や住んでいる地域の話など、地元の友達には言いにくいことも話しやすいです。また、集団指導型ではその友達と学習能力を競い合うことも可能、同じ目的を持つライバルと楽しく学びながら成績を上げることもできるかもしれません。集団指導型の塾は、一人で学ぶのは不安な方や競い合える友達が欲しい方には通いやすい塾なのです。

小学生の塾は、中学受験に向けた対策はもちろんのこと、学校の試験や授業の復習など色々な用途に利用できます。